忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コピペ


コピペ、コピー&ペーストの記事をいくら自分のサイトやブログでアップしたとしても、元のコンテンツの方が先にクローラーにインデックスされていますので、重複コンテンツとみなされて、スパムと判断されます。検索エンジンにスパム行為とみなされないようにするためにも、他のサイトからコピーして自分のサイトやブログにペーストしてアップするのはくれぐれもしないようにしてください。すべて自分の言葉、表現でオリジナルのコンテンツをアップするようにしてください。でなければサイトやブログで情報発信する必要はありませんし、しない方がいいです。他力本願ではいつまでも力が付きませんし。あ、いいこと書いているなと思ったら、すべてコピーするのではなく、そのいいと思った文章だけをコピペし、そのURLを貼っておけばいいのです。一部抜粋という形式で。どのサイト、ブログから抜粋したのかが記載されていて、なおかつ抜粋先のURLを貼っておけば完璧です^^。

短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前

問題ある習慣や癖を改善する方法がこれ
ヒプノ セラピー 池袋

検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
有害URL・虚偽記載サイトの順位を落とす逆SEOも対応可。風評被害対策
本文(コンテンツ)のテキスト量と発リンク数。SEO効果高いのどっち?
ホストクラブやキャバクラサイトのSEO(コンサル+被リンク対策)も可能
SEO対策は「検索エンジン集客に向いた媒体、ブログ・HP等」で行う。SNSはSEO集客に向か無い
SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
Google SEO対策と衛星サイト更新
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
PR

原因


ペンギン・アップデートはスパム行為をおこなっている、またはスパム行為だと検索エンジンのクローラーが判断した場合、検索順位を下げられたり、インデックスを削除されてしまいます。どのようなサイトがペンギン・アップデートによって検索結果を下げられたり、インデックスを削除されてしまうかというと、スパム行為だということを先ほど申し上げました。ならばどのような行為がスパム、スパムだとみなされてしまうか。キーワードを何度も繰り返す、隠しテキスト埋め込み、検索順位を上げるのが目的だけの不自然な大量被リンクなど、Googleに不正と判断される行為がスパムです。特に気を付けたいのは、自作自演のサテライトサイトからの大量リンクは問題です。不自然すぎて、検索エンジンも困惑します。隠しテキストも絶対にしてはいけません。むしろ隠す必要がありませんからね・・・^^;。それと、記事を自動で作成したり、他のサイトのコンテンツをコピペしたサイトもだめです。

URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?

本当の意味での自己発見を
退行 催眠

競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO

大規模


マット・カッツ氏によると、今年中に行うペンギン・アップデートは大規模なもので変動が起こるとされています。知らず知らずのうちにスパム行為をしていたうちのメインブログとサテライトサイトはペンギン・アップデートの餌食にならずに済むでしょうか・・・^^;。大規模と言われると空恐ろしくなりますが、スパム行為さえ行っていなければこのペンギン・アップデートを恐れることはありません^^。ペンギン・アップデートをあまりにも意識しすぎて対策してしまうと、逆にペンギン・アップデートに引っ掛かってしまいます。ペンギン・アップデートに引っ掛からないようにするのは比較的簡単です。スパム行為をしなければいいだけの話ですから^^。それにペンギン・アップデートが行われるのは年に一回ですから、そんなに恐れることはありません。ペンギン・アップデートよりも恐ろしいのはパンダ・アップデートです。定期的におこなわれていますから気を付けなくてはなりません。

ヒプノで能力開発
池袋カウンセリング

1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
「1サイト1被リンク+ROS被リンク」と「1サイト1被リンクのみ」の違い
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較