忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原因


ペンギン・アップデートはスパム行為をおこなっている、またはスパム行為だと検索エンジンのクローラーが判断した場合、検索順位を下げられたり、インデックスを削除されてしまいます。どのようなサイトがペンギン・アップデートによって検索結果を下げられたり、インデックスを削除されてしまうかというと、スパム行為だということを先ほど申し上げました。ならばどのような行為がスパム、スパムだとみなされてしまうか。キーワードを何度も繰り返す、隠しテキスト埋め込み、検索順位を上げるのが目的だけの不自然な大量被リンクなど、Googleに不正と判断される行為がスパムです。特に気を付けたいのは、自作自演のサテライトサイトからの大量リンクは問題です。不自然すぎて、検索エンジンも困惑します。隠しテキストも絶対にしてはいけません。むしろ隠す必要がありませんからね・・・^^;。それと、記事を自動で作成したり、他のサイトのコンテンツをコピペしたサイトもだめです。

URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?

本当の意味での自己発見を
退行 催眠

競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
被リンクSEOは「コンテンツ被リンク+ROS被リンク」型が最強。リスクと質
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
「迷ったら動かない」(やり方を変えない)。SEO・被リンク対策の鉄則
完結型SEOサービスは「コンサルティング+被リンク対策」で構成される
旧ツイッターウィジェット終了。新ウィジェットに切り替え完了。ハブサイトとして今後もツイッター重視
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
PR